uvフロアコーティング デメリット

フロアコーティングには様々な種類のものがありますが、「uvフロアコーティング」の デメリットはどんなものがあるでしょうか?

uvフロアコーティングは、使われるお客様の思いや生活の仕方にによりデメリットととらえられることもあるのです。

特にUVフロアコーティングは一度施工をしてしまうと完璧剥がすという事は出来ません、やっぱり戻そうと思った時にどうしてもUVフロアコーティング剤が床に残ってしまうので施工を始める前に本当にずっとUVフロアコーティングでいいのかどうか考えてから施工されることをお勧めします。

どのような特徴があるかというと、光沢があり、細かい傷がつくということがあります。

ということで、床が光ってしまうことに意識してしまう方や、細かい傷がついていることを気にしてしまう方には不向きです。また、掃除は自分で絶対にきれいにしたい。という方にはデメリットとして受け止めてしまう傾向にあります。

中には、施工の際に匂いのする素材もあるので、使用する前には業者さんに確認を取りましょう。



コーティング剤を使うときに溶剤を使って希釈することがあり、そのにおいが気になる方もいらっしゃいます。

溶剤が硬化してしまえば、匂いは無くなりますが、喚起を怠っていると部屋の中に匂いが残ってしまう場合もあり、不快になる方もいることがあります。

アレルギー体質の方や、小さなお子様がいる方は、業者さんとよくお話してから施工してもらいましょう。



« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »